キッズフォレの保育

自然に触れ、自然に学ぶ

子どもたちにとって、自然は好奇心を育み、生命の尊さを学ぶことの出来るいちばんの教室です。ちいさな虫を探して瞳をこらしたり、木々を揺らす風の音に耳を傾けたり。 自然の変化を感じとりながら、より多くの不思議と出会い、発見し、驚きと感動を繰り返しながら、子どもたちは日々成長をしていきます。
本園では、自然体験活動として、素朴な自然や里山を保育の場として活用。幼児期における自然体験に、生命を大切にする心や豊かな感性が育まれます。

心の土台を築く、異年齢との交流

年齢の異なる子が共に活動する。そんな異年齢の交流も、本園が積極的に取り入れている保育方針のひとつです。年長の子どもたちが年少の子どもたちを手助けしている姿がみられます。どの子も楽しみながらお世話をしています。人を思いやる優しい心を培い、年少の子どもたちも大きい子の姿に憧れ自立心を持つようになります。自分とは違う存在を受け入れて大切にしようとする、幼い心にしっかりとした心の土台を築き上げます 。

 

実体験でしか得られないことの大切さ

成長の過程において、小さな失敗やトラブルはつきもの。子どもたちは遊びを通し、自然や社会のルールを覚え、トラブルを解決する能力や危険を回避する力を習得していきます。本園では自ら学ぶチャンスを与え、心身の発達を促していけるよう「自分で体験する」「自分の五感で知る」保育を実践。安全性に十分配慮しながら、今が伸び盛りの好奇心を大きく育んでいます。

本物との出会いを尊重

子どもたちが五感全部を使って感性に磨きをかけられるよう、幼児期から本物との出会いを大切にしています。音楽・英語・体操などのクラスはプロの先生による指導。さらに積み木を活用した創造教育も導入。全員が協力し合いながら一つのモノを作り上げていく中で、完成した時の喜びを知ると共に集中力を育みます。